2018年08月09日

ぎんざんマラニック2018

北海道の仁木町銀山地区で、7月28日、今年で第12回目のぎんざんマラニックが晴天のまぶしい大地で開催された。

 果物と野菜の町として知られる銀山には、障がい者が学び、生活する銀山学園がある。マラニックとはマラソンとピクニックの融合、つまり、ランニングをピクニック気分で楽しむことだ。これを奨めているわがランニングの世界・友の会の西村会長と、この地の銀山学園や住民の方々が、障がい者と健常者がいっしょにできるのはマラニックだと意気投合してこのぎんざんマラニックを始めた。

 銀山学園の子供たちと参加者は、7km、10km、20kmとそれぞれにふさわしい距離を、心地よい木陰の涼しさの中、爽やかな風に吹かれながら語りあい、野の道を進む。給水所では、地元の方が用意してくださった真っ赤なミニトマトやスイカで元気を取り戻す。

 暑くて、とても長いと思っていた距離も、いつしか、共にスマイルで完走・完歩。ゴールして、心づくしの豚汁をいただきながら、また来年会おうと、ともだちになって、さようなら。

山西 哲郎

___________________________________________

北海道仁木町銀山はここです!
https://goo.gl/maps/m9y6dDPTLkG2

ぎんざんマラニック2018 facebook
https://www.facebook.com/305768336269147/photos/a.448491888663457.1073741827.305768336269147/995889003923740/?type=3

ぎんざんマラニック2018
https://sites.google.com/site/ginspo/home/maranikku2011

仁木町のご紹介
http://www.town.niki.hokkaido.jp/section/somuka/immd6j00000017e3-att/immd6j0000001uee.pdf
posted by miko at 22:05| Comment(0) | 山西先生のエッセイ

2017年05月29日

四季のランニングエッセイ 山西哲郎

これから毎月、「四季のランニングエッセイ」と題して書かせてもらいます。読んでもらい、何か、読後感想や互いの触れ合いの言葉あれば、お聞かせください。
 
6月は再生のランニング
 緑の大地を走る。朝のランナーは緑の自然が甦った季節ほど新鮮で幸せを感じることは他の季にはありません。
冬の寒さ厳しいとき、モーニングランが中心である僕は風を避け、それでいてあの太陽の日差しを浴びたくて走るコース探しを懸命に求める。しかし、夜明けが早く、緑風吹く今、走り始めのゆっくり走から、いつの間にか変化に富んだ起伏地に足が進み、次第にスピードすら上げてみたくなるではありませんか。
それは僕の体の内なる自然と周りの外なる自然が互いに対話し、このような走りをつくってくれるからでしょう。「寒いのだからゆっくり体を暖めたほうがいいよ」と、葉の枯れ落ちた木々や雑草もない土が教えてくれた冬から、花が咲き、若葉が草木を飾れば、「元気なエネルギーをもらいます」と僕の体が応えるのです。
老いた者にとっても、年一度は青春の走りが甦る時。芝地で素足なれば、指は開き、土踏まずも柔らかさを一杯に感じて、心地よい足となって子どもの走りに戻って走ってしまう。
しばらくは、道路を離れ、大会も休みにして、まずは、自分の身体をより野生の自然に戻して元気な夏を迎えたし。
 早朝の空気の中で私をわくわくとした気持ちにさせるのは、私のなかの自然であるに違いない―高木仁三郎
posted by miko at 00:00| Comment(0) | 山西先生のエッセイ

2016年04月16日

マラニックの春

 季節は梅で始まり、ハクモクレン、桜・・と色鮮やかな花々が次々に登場。それらに魅せられたのか、寒風のなかゴール目指してスピードを落とすまいと懸命になっていた走者は、花に魅せられ、しだいに走るスピードは落ち、いつしか花の香りで立ち止まる。そして、これからは新緑に誘われ、もっとゆっくり走ってみたい気分なってしまう。
 そこで、「春はマラニック」走りがゆっくりとなり、歩きを取り入れ、そして立ち止まり、俳句を一句詠めば、マラニックの世界。
『ランニングの世界21号』は、4月1日に発刊になりましたが、特集は「楽しきかなマラニック」表紙も、我々の友の会主催で行った隅田川の桜並木マラニックを走る走友の笑顔を載せました。
 マラソンのようなロングランの大会は我が国の四季のふさわしさを生かさなければなりません。フルマラソンを歩かず完走する大会とすれば、春には走り歩きを組み合わせたマラニック大会とする。それぞれの走り方の特性に従えば、若々しく走るランナーは42.195qを歩かず完走をめざし、僕のように老いたるランナーは走る人生にもっと豊かに美しさを楽しもうと、歩き走りのマラニックとすればいいと思えてきます。
 この21号には、「競わず頑張らず、楽しく走る、そんなマラニック人が魅かれていくのは、自然の流れだろう。マラニックが、忘れてしまったゆとりを思い出させてくれる」と、かつてオーストラリア大陸横断に挑み、今年の4月も岡山で歴史街道マラニックを主宰する村松達也さんの言葉が載っています。
 マラソンブームと言われ全国各地でフルマラソンを謳歌する今日、「息切れよりは会話で、もっとゆっくり自然を愛する走者になる時がやってきましたね」と語り合う春にしたいものです。
posted by miko at 00:00| Comment(0) | 山西先生のエッセイ